« 卓上ボール盤の修理その1. | メイン | 卓上ボール盤の修理その2. »

2016年12月21日 (水)

純正トップブリッジ考察。

Pc210079 ホンダ純正部品のトップブリッジとアンダーブラケット。

左から「CBR1000RR SP」「VTR1000SP-2」 「RC30」

Pc210080 アルミ合金製アンダーブラケットは一般的には

型鍛造(たんぞう)で製作されてます。

Pc210081 トップブリッジはアルミダイキャスト鋳造(ちゅうぞう)

で製造されてるのが普通です。

Pc210076  こちらのCBR1000RR SP用は型鍛造で製造

されている様です、鍛造品のトップブリッジは

初めて見ました、文字通りスペシャルですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/496313/34020911

純正トップブリッジ考察。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

最近のトラックバック