2016年9月27日 (火)

スパイダーF3マフラー製作第3弾!!

P9229909

材料はSUS304。

P9229913 プレス加工。

P9239914

P9239915 仮付けして寸法、角度を確認。

P9239921_2

スプリングフックも手作りです。

P9239924 仮付けして取り付け位置の確認作業をしてから本溶接します。

P9249950

P9249957  マフラーステーは5000番台のアルミ合金を使用。

P9249960

溶接後バフ研磨。

P9239929 サイレンサーを車体に沿わす様にレイアウトします、

ここがポイント。

P9239935 サイレンサーの立ち上がり角度は

シートレールに合わせる様に、ここがポイント。

 

2016年9月26日 (月)

スーパートラップ用アダプターを製作、その2.

P9179823 マフラーステーのマウントはSUS304の板を使用。

P9179824

P9179829

P9179834 TIG溶接.

P9189865 バフ研磨して焼けを除去。

P9189862 マフラーステーはSS41の丸棒を手曲げして製作。

P9189861 メッキに出す前に仮組しました。

2016年9月22日 (木)

スーパートラップ用アダプターを製作、その1.

P9129763 「BMWにスーパートラップを付けたい」

そんなオーナー様の夢の実現に当店が協力します。

P9169802

P9149771 懐かしいです。

P9159782

P9159785

P9159787 材料は5000番台のアルミ合金を使用。

P9169801

P9159794 O2センサーのマウントも製作。

P9179822 TIG溶接.

P9169810

P9189837 溶接組立後軽くバフ研磨。

2016年9月20日 (火)

ネジ修理。

P9029707 折れたネジを抜き取る方法は色々有ります

最初に試すのエキストラクタです。

P9029709 今回は錆び付いていなかった様でエキストラクタで

簡単に抜き取れました、エキストラクタで抜ける事は

滅多に有りません。

P9119747 スイングアームのチェーン引きのめネジが少し傷んでる様で

チェーン引きのボルトの回転が硬いです。

P9119737 ボルトはダイスで修正。

P9119740 めねじは超ロングのタップハンドルで。

P9119743 なんとか修正出来ました。

2016年9月13日 (火)

サスのスプリング交換。

P9129755  can-amスパイダー用FOX製のフロント用

ショックユニットのスプリング交換します。

P9139782 2輪用ツインショックだとこんなSSTで出来ますが

スパイダーはスプリングが硬くて無理でした。

Img_3242 今回はスイフト製スプリングコンプレッサーを加工して使用します。

P9139774_2 スプリングを引っ掛けるツメを製作、材質はA2017.

P9139776 スプリングコンプレッサーの天板に固定。

P9139778

P9139780 ジャッキで圧縮してストッパープレートを取り外しました。

P9139783 分解出来ました。

2016年9月 9日 (金)

TLR200修理。

P9059714 TLR200修理中。

P9059715 この時代のオフ車はバッテリーは6ボルト。

原付もやります。

P9089732 KSR110のホイール計測中。

2016年9月 6日 (火)

ナンバーステー製作、ハヤブサ用。

P7219591 ナンバープレートのステーを製作、材質はSS41

クロームメッキ仕上げ。

2016年8月31日 (水)

チェンラインをオフセットする部品製作その2。

P8319706 SS41の6角材を使用してこんな部品を製作。

P8299694 仮組するとこんな形になります、

組み付け確認してから焼き入れして完成。

2016年8月29日 (月)

チェンラインをオフセットする部品製作その1。

P8299702 スズキのハヤブサ用の部品。

チェンラインをオフセットするためのカスタムパーツが破損

(アメリカ製らしい)材料の選択に問題がある様でした。

P8299701 当店で作り直す事に。

P8299685

P8299687 材料はS45Ⅽを使用。

P8129654 純正部品のドライブスプロケットを加工して使用。

P8239669 ラバーを取り除くと穴が現れます、この穴を

利用する事に。

P8299688 旋盤加工で焼き入れ層を削り落とします。

最近のトラックバック