2016年8月29日 (月)

チェンラインをオフセットする部品製作その1。

P8299702 スズキのハヤブサ用の部品。

チェンラインをオフセットするためのカスタムパーツが破損

(アメリカ製らしい)材料の選択に問題がある様でした。

P8299701 当店で作り直す事に。

P8299685

P8299687 材料はS45Ⅽを使用。

P8129654 純正部品のドライブスプロケットを加工して使用。

P8239669 ラバーを取り除くと穴が現れます、この穴を

利用する事に。

P8299688 旋盤加工で焼き入れ層を削り落とします。

2016年8月26日 (金)

ハンドルバーのアルマイト処理。

P8269672

P8269673 お客様のご希望でスズキ純正のハンドルバーを

ブラックアルマイト仕上げに変更しました。

2016年8月24日 (水)

シーシーバーの加工。

P7259603 ハーレーのシーシーバーを工具を使わずワンタッチで

取り外し出来る様にして欲しいと言う依頼でした。

こんなピンを製作、材質はSUS303.

P7259608 こんな風に使用します。

2016年8月23日 (火)

佐藤薬品スタジアム

Img_0321

Img_0313 久しぶりに近鉄特急に乗りました。

Img_0311 豪華な車内。

Img_0327 橿原神宮駅。

Img_0332

Img_0398 

Img_0337

 綺麗な球場でした。

2016年8月18日 (木)

ZRX1200R修理。

P8049633 ZRX1200R傷ついたクラッチカバーを交換。

P8049636 カワサキ車はオイルレベルゲージは別売りなので

注文の際はお忘れなく。

P8049641 コーションラベルも別売りです。

P8049643

 

P8059647_2 スクリーンの傷は耐水ペーパーとコンパウンドで

修理出来る場合も有るのでチャレンジしてみてください。

P8059650

P8059654

2016年8月13日 (土)

アンテナの基台製作。

P8079671 オートバイ用モービルアンテナの基台製作

材質はSUS304.

2016年8月10日 (水)

ツーブラザースレーシングのマフラー加工。

P8029593 ZZR1400にツーブラザースレーシングのマフラーを装着。

P8039603 何故かパイプ径が合わないので加工して装着する事になりました。

P8039607 差し込み部をカットしました。

P8039605 ジョイント部を新たに製作、材質はSUS304.

P8039609 ツーブラザースのエキゾーストパイプに圧入。

P8049628  TIG溶接しました。

スプリングフックも溶接.

P8049631 なんとか装着出来ました。

2016年8月 8日 (月)

インディアン修理。

P8089707 インディアンの修理出来ました、

当店が担当した中で一番古い時代の車両だと思います、

一つ一つの部品を製作して修理したので時間が

掛かりました。

2016年8月 5日 (金)

2016鳥人間コンテスト。

Img_0159 真夏の戦いは琵琶湖でも。

Img_0290

Img_0308

テレビ番組の収録をしながらの進行なので

時間が掛かる様です。

Img_0323

Img_0327

Img_0329

翼の軽さと強度の両立は難しい。

_mg_3523 翼の長さは30メートル以上。

Img_0041

Img_0285

Img_0342 テレビ局はドローンを積極的に使用して空撮。

2016年8月 3日 (水)

2016鈴鹿8耐 予選 その2.

4q2w0460

_mg_3216

4q2w1139 レギュレーションの変更によりヘッドライトが2灯式に。

_mg_3437

4q2w0011 テールランプのレギュレーションの変更の告知が遅かった様で、

4q2w0020 各チームは大急ぎで対応を施したらしい。

_mg_3316 ヤマハファクトリーの電光式サインボード。

コントラストが低いのはライダーからの要望だそうです。

_mg_3355 パソコンで自在に表示をコントロール出来ます。

_mg_3304 こちらのサインボードはチタン合金製。

_mg_3467 陽気な元世界チャンピオン。

_mg_3476 ヨシムラ製新型マフラー(一般市販品)

_mg_3480 ステーと排気口部はロストワックスで製作してる様です。

4q2w1025

Img_0015 予選3位。

4q2w0014_2 予選2位

_mg_3324 ポールポジション。

 

 

最近のトラックバック